スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金子オーナーの話 

「3冠を取ったぐらいから、来年1年無事に走ったら引退させないといけない、と…。ホースマンとして無事に種馬にさせたいと思っていた。ワンマンオーナーが勝手に引退を決めた、と言われたが、苦渋の決断だった。日本の競馬サークルにもっと重大な使命があると考えて決めた」。
 薬物問題で失格となった凱旋門賞についても初めて口を開いた。
 「あそこは我慢のしどころだと思った。これまでいいことがあったんだし、(ほかの)人のせいにしたらいかん、と。オーナーの不徳の致すところ、それをのみ込んでいこうと思った」。

 まだ早い-、凱旋門賞のリベンジをするべき-。さまざまな声も聞こえてきた。が、オーナーは言う。「今の気持ちは、ふぬけになったような、悲しいような、寂しいような。でも、あと1年間走りを見守るには、私のハートは小さすぎた」だと・・

種牡馬でだまっててもお金が入る方を選んだと言えばいいじゃん

そう思った人はぽちっとどうぞ^^
スポンサーサイト

[2006/12/25 09:49] 注目情報など | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbryu1.blog50.fc2.com/tb.php/142-a2fbbbf8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。